ドコモとトヨタ、5Gを活用したロボット「T-HR3」遠隔制御に成功

テクノロジー レスポンス

NTTドコモとトヨタ自動車は、第5世代移動通信方式(5G)を用いたロボット制御のトライアルを開始し、遠隔地間(約10km)を想定した実験環境において、トヨタが開発したヒューマノイドロボット「T-HR3」の遠隔制御に成功したと11月29日に発表した。

T-HR3は、家庭や医療機関などで人々の生活をサポートするために開発されたパートナーロボット。トルク(力)を制御するトルクサーボモジュールと、全身を自在に操るマスター操縦システムなどにより、操縦者はT-HR3にかかる外からの力を感じながら、T-HR3に操縦者と同じ動きをさせることができる。

T-HR3のやさしく、しなやかな動きを実現するには、T-HR3とマスター操縦システム間で制御信号をやり取りする際に発生する通信遅延を少なくすることが求められる。そのため、これまでは通信遅延の少ない有線接続で実験を進めてきた。

今回、神奈川県横須賀市のドコモR&Dセンター内で実施された取り組みでは、5Gの特徴の1つである低遅延性を活用し、5Gを用いた無線接続を一部含む遠隔地間を模擬した環境で、T-HR3の制御に成功した。具体的には「ボールを両手で挟んで持つ」、「ブロックをつまむ、積み上げる」、「人と握手をする」など、力の伝達が必要となる動作を有線接続時と遜色ないレベルで行えることを確認した。

なお、今回の取り組みは12月6日(木)から2日間、東京ビッグサイトで開催予定の「DOCOMO Open House 2018」にて、東京ビッグサイトの会場と東京スカイツリー間でデモンストレーションを行う予定。

  • 丹羽圭@DAYS
  • 5Gを活用したヒューマノイドロボット「T-HR3」遠隔制御の実証イメージ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ