ポルシェ ジャパン、2019年のモータースポーツ活動について発表…ケイマンGT4 Clubsport 使用シリーズがスタート

モータースポーツ レスポンス

11月30日、ポルシェ ジャパンが2019年のモータースポーツ活動に関する発表を都内で行ない、「718ケイマンGT4 Clubsport」を使用するシリーズの開催という新機軸が示された。

ポルシェ ジャパンの七五三木敏幸社長は冒頭、「最近は『ポルシェも他のメーカー(ブランド)と同じようになった面がある』などと言われることもありますが、ポルシェはやはりスポーツカーブランドであり、その根底に流れるDNAであるモータースポーツに関しても、他ブランドより明確な意志をもって取り組んでいます」との旨を語り、ポルシェとモータースポーツの深い結びつきについて、改めて言及、強調した。

そして七五三木社長は、来年2019年にGT4車両「718ケイマンGT4 Clubsport」を使ったシリーズを日本でスタートさせることを宣言した。

これは従来の「ポルシェGT3カップ チャレンジ ジャパン」と新しい「ポルシェ718ケイマンGT4 CS レース」を混走させるかたちで新名称シリーズ「ポルシェ スプリント チャレンジ ジャパン」(略称はPSCJか)とするもの。ケイマンGT4の導入が「来年半ばになる予定」(同社長談)のため、同車両のレースへの登場は「シーズン後半になる」見込みだ(シーズン前半のPSCJはGT3カップのみでのレースになると推察される)。

オールポルシェによる、GT3とGT4の2車種混走“新レース”。詳細は未発表であり、実際にPSCJを走るケイマンGT4 Clubsportの姿が見られるのは2019年後半となるわけだが、ポルシェでレースをしたい人々にとっては新たな魅力ある選択肢が提示されたことになる。

また、来季で19年目を迎える国内最高峰ワンメイクシリーズ「ポルシェ カレラカップ ジャパン」(PCCJ)は岡山、鈴鹿、富士で6大会11レースの開催を予定。SUPER GTやF1日本GPとの併催が組まれており、多くの観客の前で引き続き、迫力ある接戦が展開されることになる。PCCJでの若手育成プログラムについても、さらに強化していく方針を七五三木社長は語っている。

この他に、E-スポーツ(E-レーシング)についての活動にも一層の注力をしていく旨が発表されており、2019年もポルシェはリアルとバーチャル、双方のレースシーンを沸かせることになりそうだ。

  • 遠藤俊幸
  • 2クラス混走のシリーズが“新生スタート”する。《撮影 遠藤俊幸》
  • その名称は「ポルシェ スプリント チャレンジ ジャパン」。《撮影 遠藤俊幸》
  • ポルシェ ジャパンの七五三木社長。《撮影 遠藤俊幸》
  • モータースポーツはポルシェの「DNA」。《撮影 遠藤俊幸》
  • ポルシェ ジャパンの七五三木社長(PCCJ車両とともに)。《撮影 遠藤俊幸》
  • 2018年のPCCJ。《写真提供 MOBILITYLAND》
  • 2018年のPCCJ。《写真提供 MOBILITYLAND》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ