トヨタとPSAグループが提携拡大、OEM車種を欧州で追加へ

業界 レスポンス

PSAグループとトヨタは11月30日、欧州での小型商用車の分野における提携関係を拡大すると発表した。

PSAグループは2012年から、トヨタと欧州小型商用車の分野において、協力してきた。PSAグループは、プジョー『エキスパート』とシトロエン『ジャンピー』をベースにした小型商用車の『プロエース』をフランスで生産し、トヨタにOEM供給している。

今回、PSAグループとトヨタは、欧州小型商用車での提携関係を拡大すると発表した。2019年末から、PSAグループがトヨタに、PSAグループのスペイン工場で生産した小型バンもOEM供給していく。

また、PSAグループとトヨタのチェコの合弁工場として、2002年に設立された「TPCA」に関しては、PSAグループが保有するTPCA株式の全てをトヨタが取得し、2021年1月からTPCAは、トヨタが完全子会社化する。これにより、TPCAはトヨタの欧州における8拠点目の工場になる。

TPCAでは、欧州市場向けコンパクトカー、トヨタ『アイゴ』、プジョー『108』、シトロエン『C1』を生産している。今後も3車種の生産を継続し、生産と雇用は維持する予定、としている。

  • 森脇稔
  • トヨタ・プロエース。PSAグループがトヨタにOEM供給している。
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ