ホンダ VFR800F、懐かしのインターセプターカラーを設定

モーターサイクル レスポンス

ホンダは、V4エンジン搭載の大型ツアラーモデル『VFR800F』および大型クロスオーバーモデル『VFR800X』のカラーバリエーションを変更するとともに、ETC2.0車載器を標準装備し、12月14日より順次発売する。

今回、VFR800Fには、1980年代に米国のレースシーンで活躍した「VFR750F インターセプター」を想起させるカラーリングのパールグレアホワイト(ストライプ)を新たに採用。サイドカウルに「INTERCEPTOR」ロゴを配するとともに、フレームにシルバー、ホイールにはパールホワイトの塗装を施すことで、スポーティーなイメージを高めた。そのほか、ヴィクトリーレッドを継続設定する。VFR800Xは、現行色のキャンディープロミネンスレッド1色の設定とした。

また、従来から標準装備されているETC車載器を、今後もさまざまな情報提供などが予定されているETC2.0車載器にバージョンアップした。

価格はVFR800Fのヴィクトリーレッドが141万9120円、パールグレアホワイトが149万4720円。VFR800Xは147万3120円。なお、VFR800Fのパールグレアホワイトは2019年3月8日の発売となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダ VFR800X(キャンディープロミネンスレッド)
  • ホンダ VFR800F(パールグレアホワイト)
  • ホンダ VFR800X(キャンディープロミネンスレッド)
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ