トラックに着脱できるスノープラウ、さらにボタン一つで変身…ハイウェイテクノフェア2018

業界 レスポンス

本格的な冬シーズンを迎え、北国ではすでに雪が積もっているところも出ている。そんなところで活躍するのが除雪車だ。「ハイウェイテクノフェア2018」(11月28〜29日、東京ビッグサイト)で飛鳥特装(本社・神奈川県相模原市)が展示したものは画期的だった。

それは米国製のトラック用スノープラウで、トラックの前方に簡単に設置できるというものだ。もちろん設置するには車両にマウントをつける必要があるが、その時間はわずか30秒。しかも、スノープラウは状況に応じて3形態にボタン一つで変化させることができる。

V字型にして雪を左右に散らしたり、逆V字型にして雪を集めたり、またストレートにして雪を左や右に寄せることができるのだ。「こんなことをできるのはこの製品以外にありません」と同社関係者は強調し、こう付け加える。

「夏場は普通のトラックとして使えるので、非常に好評です。今年は約80台販売し、ここ数年右肩上がりで販売が増えています。最近は自治体や建機のリース会社の間で、除雪車からこのスノープラウに変えようという動きが出てきています」

価格も約200万円と、除雪車に比べて格段に安いのも需要が年々増えている一因といいだろう。ただ、設置する場合、注意点があるそうだ。それはプラウの重さが300kg以上あるので、軽いトラックだと後輪が浮いてしまうことがあるのだ。そのために重りを乗せる必要があるとのこと。

飛鳥特装はハイウェイテクノフェアに今回初めて出展したため、同社関係者は来場者の反応を少し心配していたそうだが、予想以上の来場者が訪れ、手応えを感じている様子だった。「2019年2月には山形県で開催される除雪展に出展する。そこでもこのスノープラウを積極的にアピールしていきたい」と意気込んでいた。

  • 山田清志
  • ストレートに変身したスノープラウ《撮影 山田清志》
  • 逆V字に変身したスノープラウ《撮影 山田清志》
  • 30秒でトラックに着脱できるジョイント部分《撮影 山田清志》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ