ソフトバンク、5Gコネクテッドカーの検証環境を世界初構築 商用化に向け検証開始

テクノロジー レスポンス

ソフトバンクは、第5世代移動通信システム(5G)を活用するコネクテッドカーの開発向け検証環境を世界で初めて構築し、商用化に向けた検証を11月から開始した。

ソフトバンクは、5Gを活用したさまざまなサービスやソリューションの研究開発に取り組んでいる。自動車を中心としたモビリティーとさまざまなモノが“つながる"ことで、新たな体験や価値を提供するコネクテッドカー領域もその一つだ。

今回、ソフトバンクは本田技術研究所の北海道上川郡のテストコースに実験基地局を設置。国際標準仕様である3GPP規格に準拠した通信機器を使用して最先端の5Gネットワークを構築した。検証に当たっては、フィンランド・ノキア製の通信機器を使用。商用環境を想定したノンスタンドアローン標準仕様で構成された屋外5Gネットワーク環境の構築は、日本初となる。

構築した5Gネットワーク環境では、高精細な4K映像を伝送可能。今後、車両に搭載した実験用端末に映像を伝送する検証に取り組んでいく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ