三菱ふそう、トラック隊列走行の実証実験参加へ 車線維持支援システムを導入

テクノロジー レスポンス

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、12月4日より新東名高速 浜松サービスエリア(SA)から遠州森町パーキングエリア(PA)間でのトラック隊列走行の後続車有人システム実証実験に参加する。

MFTBCは2018年1月〜2月に実施された新東名および北関東自動車道、さらに2018年11月実施の上信越道に引き続き、12月4日に開始する新東名高速での実証実験に参加する。

今回の実証実験は協調型車間距離維持支援システム(CACC)に加えて、新たな技術として、白線を検知して車線内での走行を維持できるようステアリングを調整する車線維持支援システム(LKA)を活用することが目的。LKAシステムの導入により、ドライバーは前後方向の制御だけでなく、左右方向での車線維持サポートにより、運転時の負担を大幅に軽減することで安全性向上が期待できる。

MFTBCは2019年末までに、大型トラック『スーパーグレート』にLKAを追加した新機能「アクティブ・ドライブ・アシスト」(ADA)を搭載した「レベル2」の高度運転支援機能を導入し発売する。同車両にはADAをはじめ、進化した衝突被害軽減ブレーキ「アクティブ・ブレーキ・アシスト5」(ABA5)を搭載し、さらに安全性を高める。これらは独ダイムラー社と共同開発した最新技術を活用した新機能で、9月より受注を開始したメルセデス・ベンツブランドの大型トラック『アクトロス』に搭載する技術を共用する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ