成田空港で自動走行実証実験を開始...地上支援業務の省力化・自動化を目指す 鴻池運輸とZMP

テクノロジー レスポンス

鴻池運輸とZMPは、成田国際空港の制限区域内で、12月17〜19日の3日間、自動走行車両の実証実験を実施する。

当実験は、国土交通省航空局が6月26日から公募した「空港の制限区域内の自動走行に係る実証実験 実証実験実施者」に、鴻池運輸とZMPが共同で応募・選定され、成田国際空港の協力を得て行うもの。

具体的には、KONOIKEグループの日本空港サービス(JASCO)の作業スタッフの空港内移動を、ZMPが提供する自動運転実験車両で行い、空港制限区域内という一般道路と周辺状況や走行ルールが異なる環境下で、自動運転技術実装に向けた検証および課題の抽出を行う。成田国際空港は、実証実験の場を提供するとともに、特に安全面での指導・支援を行う。

背景には年々増え続けるインバウンド需要の高まりなどにより、成田空港での航空機着回数が増加の一途をたどっていることがある。国土交通省航空局および3社は、深刻化する空港の地上支援業務の労働力不足に対応するため、乗客・乗員の輸送を想定した自動走行車両の実証実験を促進している。

  • 丹羽圭@DAYS
  • 伸び続ける成田空港における航空機の発着回数(グラフ)
  • 実験用車両のイメージ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ