グーグルのウェイモ、無人の自動運転タクシーを運用開始…アプリで呼び出す

テクノロジー レスポンス

グーグル(Google)の自動運転車開発部門、ウェイモは12月5日、無人の自動運転車を使った一般向けのタクシー配車サービスを開始した、と発表した。

「ウェイモ・ワン」(Waymo One)と命名された新サービスは、米国アリゾナ州で開始されたもの。サービスを利用するには、専用のアプリをスマートフォンなどにダウンロードする必要がある。

ユーザーは、このアプリを通じて、無人の自動運転タクシーを呼び出す。無人の自動運転タクシーは、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)のクライスラーブランドのミニバン、『パシフィカ』ベースとなる。

無人の自動運転タクシーは24時間、365日呼び出すことができる。目的地までの距離や時間に基づいて、あらかじめ料金をアプリに表示する。最大で大人3人と子ども1人の合計4人が乗車できる、としている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ