ヤマハ発動機、新型スクーター『ノザグランデ』をベトナムで発売 ハイブリッドシステム搭載

モーターサイクル レスポンス

ヤマハ発動機は、125ccプレミアムスクーター『ノザ グランデ』に「ハイブリッドシステム」を搭載し、2019年モデルとして12月からベトナムで順次発売する。

新型ノザ グランデは、現行モデルの特徴・イメージを継承しながら、走りと快適性向上、外観リフレッシュ、先進装備の充実などを図り、さらに魅力および商品性を高めた。

2019年モデルでは、発進時に駆動力を補助するハイブリッドシステムを新たに搭載。停止状態からの発進時に最大約3秒間、スロットル操作に応じてスタータージェネレーターがモーターとして機能し、エンジンのトルクを補助する。

また、新しいBLUE COREエンジンを搭載し、低振動かつスムーズな加速で快適な走りを実現する。外観は流麗さを強調したボディデザインとクロムパーツによるアクセントでハイクラス感を演出。先進的な空間を演出するカラーTFT液晶メーターなども装備する。

年間330万台規模のベトナム市場では、近年の市場成熟化に伴ってスクーター比率が大きく上昇しており、近く50%にまでおよぶと見込まれている。ヤマハ発動機は2014年、BLUE COREエンジンを初搭載したノザ グランデを市場へ導入。優れた走行性能と機能、欧州テイストのスタイリッシュな外観によりプレミアムクラスのスクーターとして若い女性を中心に高い人気を獲得している。

価格はノザ グランデが4550万ベトナムドン(約22万0600円)、ABSとスマートキーシステムを装備する上級モデルのノザ グランデ プレミアムが4950万ベトナムドン(約24万円)。

なお、製造・販売はベトナムの当社グループ会社ヤマハモーター ベトナムが行う。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ