インディ500優勝マシンとヤリスWRCが鈴鹿で共演へ…モースポフェス2019

モータースポーツ レスポンス

トヨタ(TOYOTA GAZOO Racing)とホンダ、鈴鹿サーキット(モビリティランド)の3社共催イベント「モースポフェス2019 SUZUKA〜モータースポーツファン感謝デー〜」(2019年3月2日・3日開催)で、トヨタのワールドラリーカーとホンダがエンジン供給するインディカーの走行が決定した。

鈴鹿サーキットでは例年、3月上旬にファン感謝デーを開催してきたが、来年はトヨタとホンダが「メーカーの垣根を越えて」、モビリティランドとともにモースポフェスを開催。さまざまなモータースポーツの魅力を伝えるとともに、クルマを運転する楽しさやクルマへの憧れ・夢を育んでもらえるイベントとして実施する。

今回、走行が決定したワールドラリーカーは、世界ラリー選手権(WRC)のトップカテゴリーマシンであるトヨタの「ヤリスWRC」が走行。WRCはトヨタが日本メーカーとして唯一参戦しており、2018年シーズンは、マニファクチャラーズチャンピオンを獲得した。

インディカーは、ホンダがエンジン供給し、佐藤琢磨選手のドライブによって2017年インディ500を制したアンドレッティ・オートスポーツ「ダラーラ DW12」が走行する。インディカーシリーズは北米最高峰のフォーミュラカーレースで、インディ500は、ルマン24時間、モナコGPと並ぶ世界3大レースの1つ。

いずれも世界で活躍するマシンで、鈴鹿サーキットは初走行となる。なお、走行日時・場所・ドライバーの詳細は決定次第、発表される。

なお、モースポフェス2019は公式サイトに掲載されている「特別ご招待券」を提示すれば無料で入場できる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ヤリスWRC
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ