ホンダ パスポート 新型、16年ぶり復活のSUV…量産第一号車がラインオフ

新車 レスポンス

ホンダの米国部門は12月6日、新型『パスポート』(Honda Passport)の量産第一号車がラインオフした、と発表した。

パスポートは、ホンダがかつて北米市場で販売していたSUVだ。いすゞからSUVの『ロデオ』のOEM供給を受けて、1994年からホンダがパスポートとして現地で販売していた。1998年には2代目にモデルチェンジを行うが、2002年に生産を終了している。

新型パスポートは、ロサンゼルスモーターショー2018で初公開された。16年ぶりの車名復活となる。新型パスポートは、ホンダの北米でのSUVラインアップにおいて、4番目のモデルとなる。日本市場にも導入された新型『CR-V』と北米専用のミドルクラスSUV、『パイロット』の間を埋めるSUVに位置付けられる。

新型パスポートの量産第一号車は、ホンダの米国アラバマ州リンカーン工場からラインオフした。新型パスポートは、ホンダR&Dアメリカが設計と開発を担当。なお新型パスポートは、2019年初頭に米国での発売を予定している。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ