カローラスポーツ、素直にいいクルマ…今井優杏【日本カーオブザイヤー2018-19】

業界 レスポンス

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」では、ボルボ『XC40』が“今年の1台”に決まった。最終選考会が7日、東京都内で行なわれ、選考委員の今井優杏氏はトヨタ『カローラスポーツ』に10点を投じた。

日本カー・オブ・ザ・イヤーは選考委員の投票によって決定する。60名の委員がそれぞれ25点の持ち点を対象車10車種(10ベスト)のうち5車種に配点する。そのうち最も高く評価する車種に対して必ず10点を与える。10点を与える車種は1車種とする。2018-2019では、ボルボXC40が363点でイヤーカーに選ばれた。次点はトヨタ『カローラスポーツ』の314点、3位はフォルクスワーゲン『ポロ』の197点だった。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載された今井氏のコメント。

☆☆☆

カローラスポーツ、素直にいいクルマです。国産コンパクトにありがちな、「ちいさいクルマ=安いクルマ」という考え方の造りは一切なく、剛性もハンドリングもきっちりと走行性能が磨き上げられて、「良いもの感」を感じさせてくれます。

特に1.2リッター直噴ターボエンジンの鼻先の軽さ、そこからもたらされる旋回性、ペダル&ステアリングのレスポンスなど、バランス感覚が見事。サスペンションの、コシがあるのに柔らかい、底付き感のなさも素敵です。明るい色の内装のバリエーションが設定されているのも、個性的なカラーの外装色が用意されているのも、「魅力的なクルマを作ろう!」と努力された、メーカーさんの努力が透けて見えるようです。新開発のMTが設定されているのも密かに凄いですね。

また、車載型AIを含む「トヨタ コネクティッド」やセーフティーをこの価格帯のクルマに搭載した、というのも、今年のイヤーカーにふさわしい理由だと感じました。

XC40は、これまでのボルボのXCファミリーとは性格を分けたポップさのさじ加減と、ADASの充実が時代にフィットしていて、バカ売れも納得です。時代的に魅力的なSUVが多いのが印象的でした。

☆☆☆

全投票点数(掲載はノミネート番号順)

トヨタ・カローラスポーツ:10点

トヨタ・クラウン:4点

マツダCX-8:3点

三菱エクリプスクロス:2点

ボルボXC40:6点

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019:ボルボXC40《撮影 平川亮》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ