VWグループ、次世代電動車の生産計画を上方修正…当初の1.5倍の1500万台に増産へ

エコカー レスポンス

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は12月7日、次世代の電動車の生産計画を上方修正すると発表した。

フォルクスワーゲングループの次世代の電動車では、電動車向けに専用開発された「MEB」(モジュラー エレクトリック ドライブ マトリックス)と呼ばれる車台を使用する。

フォルクスワーゲングループは当初、グループ全体でMEBをベースにした電動車を1000万台生産する計画だった。フォルクスワーゲングループは今回、この生産計画を上方修正し、グループ全体でMEBをベースにした電動車を1500万台生産する計画に改めた。当初計画に対して、1.5倍の増産となる。

フォルクスワーゲングループの次世代電動車の中心となるのが、「I.D.」ファミリーだ。最初の市販モデルとして、『ゴルフ』セグメントに属するコンパクトEVの『I.D.』を2020年に発売する予定。これに続いて、SUVセグメントには『I.D. CROZZ』を投入する計画で、さらにMPVの『I.D. BUZZ』を順次、市場に投入していく。

またMEBは、フォルクスワーゲンのI.D.ファミリー全モデルだけでなく、他のグループブランド(アウディ、セアト、シュコダ、フォルクスワーゲン商用車)の数多くの電動車の技術基盤としての役割も担う。MEB は、フォルクスワーゲングループの5つのブランドと世界の3地域で導入される、としている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ