カローラスポーツ のパワーアップ仕様に期待…瀬在仁志【日本カーオブザイヤー2018-19】

業界 レスポンス

今年の日本市場で販売される車を代表する「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」は、ボルボ『XC40』が選出された(7日、主催:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会)。選考委員の瀬在仁志氏はトヨタ『カローラスポーツ』に満点の10点を投じた。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載された瀬在氏のコメント。

☆☆☆

GA-Cプラットフォームもカローラスポーツで3モデル目となり、安定性の高さとハンドリング性能を両立。加えてNVH対応も進みつつあり、日本車ならではの精度の高い車作りと、世界に向けての走りの良さを得て来た点に、今年の日本車を代表するモデルとして評価した。

今後はこの高い可能性を持つシャシに見合うパワーアップモデルに期待したい。トヨタのエンジンラインナップに対しては、HV以外のユニットが少ない上に、パワーやフィーリング的にも満足感が得られにくい。もう少しコンベンショナルエンジンの開発にも力を注いで頂きたいと思う。

☆☆☆

瀬在氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)

トヨタ・カローラスポーツ:10点

マツダCX-8:3点

三菱エクリプスクロス:4点

ボルボXC40:6点

フォルクスワーゲン・ポロ:2点

なおカローラスポーツには60人の選考委員中21人が10点満点を投じており、今回の最多人数で、XC40の14人より多い。

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019、10ベスト:カローラスポーツ《撮影 平川亮》
  • 1.2リットル直噴ターボエンジン(8NR-FTS)
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019、10ベスト:カローラスポーツ《撮影 宮崎壮人》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ