カローラスポーツ はクルマ好きのファミリーカー…清水和夫【日本カーオブザイヤー2018-19】

業界 レスポンス

「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」はボルボ『XC40』が選出された(7日、主催:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会)。選考委員の清水和夫氏はトヨタ『カローラスポーツ』に満点の10点を投じた。

カローラスポーツは総得票数では2位だった。60人の選考委員中21人が10点満点を投じており、今回の最多人数で、XC40の14人より多い。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載された清水氏のコメント。

☆☆☆

Cセグメントとしては国際的にも競争力があり、実際の走りは乗り心地とハンドリングが見事に両立。2ペダルのCVTの完成度も高くなった。さらにカローラスポーツ(MT車)は走りが楽しい。クルマ好きのファミリーカーとして最適だ。

☆☆☆

全投票点数(掲載はノミネート番号順)

トヨタ・カローラスポーツ:10点

マツダCX-8:2点

アルファロメオ・ステルヴィオ:4点

ボルボXC40:4点

フォルクスワーゲン・ポロ:5点

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019、10ベスト:トヨタ・カローラ《撮影 平川亮》
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019、10ベスト《撮影 平川亮》
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019、10ベスト《撮影 高木啓》
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019、10ベスト:トヨタ・カローラ《撮影 宮崎壮人》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ