三菱 エクリプスクロス、2WD車にアクティブヨーコントロールを追加

新車 レスポンス

三菱自動車は、クロスオーバーSUV『エクリプスクロス』を一部改良し、12月13日より販売を開始した。

今回の一部改良では、アクティブヨーコントロール(AYC)を2WD車にも採用することでハンドリングの軽快感や回頭性、旋回時のライントレース性の向上を図った。

また遮音性の高いフロントドアガラスを採用することで風切り音を低減し、車内の静粛性を向上させた。全席のパワーウインドウスイッチに照明を追加したほか、運転席から全席の窓をワンタッチでオート開閉できる機能を採用。挟まれ防止機能(オート開閉時)も全席のパワーウインドウに設定した。

そのほか、本革シートとのセットオプションだった運転席・助手席シートヒーターを標準装備とすることで、ファブリックシートの快適性を向上。「M」グレードの16インチアルミホイールを切削光輝仕上げに変更、ルーフレールのレス仕様をメーカーオプション設定した。

価格は253万9080円から310万7160円。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ