gooポイント 1,000ポイントプレゼント 中古自動車web問合せ限定キャンペーン
gooポイント 1,000ポイントプレゼント 中古自動車web問合せ限定キャンペーン

トヨタも参画のAGLプラットフォーム、RAV4 新型に20種類のコネクトサービス搭載…CES 2019で発表へ

テクノロジー レスポンス

オートモーティブ・グレード・リナックス(AGL)は12月17日、米国ラスベガスで2019年1月に開催されるCES 2019において、20種類のコネクテッドカーサービスを搭載した新型トヨタ『RAV4』を初公開すると発表した。

オートモーティブ・グレード・リナックスは、オープンソースのソフトウェア開発を推進するプラットフォーム共同開発プロジェクトだ。自動車メーカーでは、トヨタ自動車などが参画している。

オートモーティブ・グレード・リナックスが、CES 2019で初公開を予定しているのが、20種類のコネクテッドカーサービスを搭載した新型トヨタRAV4だ。この新型RAV4には、20種類のコネクテッドカーサービスをはじめ、最新オーディオ、メータークラスター、セキュリティソリューション、その他の車載技術を採用する。これらはすべて、AGLのソフトウェアプラットフォームで作動するという。

この他、オートモーティブ・グレード・リナックスのCES 2019のブースでは、アイシンAW、デンソー、デンソーテン、NTTデータ、パナソニックなど、オートモーティブ・グレード・リナックス会員の技術を展示する、としている。

  • 森脇稔
  • トヨタRAV4新型(米国仕様)
  • トヨタRAV4新型(米国仕様)
  • オートモーティブ・グレード・リナックス(AGL)の公式サイト
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ