フィアット 500、ツインエアエンジン搭載モデルに50台限定のスポーティ仕様登場

新車 レスポンス

FCAジャパンは、ツインエア(2気筒ターボ)エンジンと5MTを組み合わせたフィアット『500S』(Fiat 500S)に特別仕様車「Manuale(マヌアーレ)」を設定し、2019年1月12日から100台限定で発売する。

限定車は、イタリア語で「マニュアル(トランスミッション)」を意味する「Manuale」という車名が示す通り、コンパクトできびきびと走るチンクエチェントならではの個性に、“自ら操る"スポーティな雰囲気を付加したモデルとなっている。

エクステリアは、スポーティな雰囲気が漂うフロント/リアバンパー、サイドスカート、リアルーフスポイラーのほか、サテングレー仕上げのエクステリアパーツ、クローム仕上げのエキゾーストパイプフィニッシャー、ダークグレーのアルミホイールなどを採用。軽快な走りを予感させるスタイルとした。

インテリアには、レザースポーツステアリングホイールや専用シフトノブ、 専用デザインのファブリックシートなどを装備。スタイリッシュなデザインに加え、手ざわり感にもこだわった、スポーティモデルらしい仕上がりとなっている。

価格は241万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • フィアット500S マヌアーレ
  • フィアット500S マヌアーレ
  • フィアット500S マヌアーレ
  • フィアット500S マヌアーレ
  • フィアット500S マヌアーレ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ