三菱電機の次世代運転支援技術コンセプト、『EMIRAI4』に2019年型…CES 2019で発表へ

エコカー レスポンス

三菱電機は12月20日、米国ラスベガスで2019年1月に開催されるCES 2019において、次世代の運転支援技術を搭載したコンセプトカー、『EMIRAI4』(イーミライフォー)の2019年モデルを初公開すると発表した。

EMIRAI4は2017年秋、東京モーターショー2017で初公開された。電動化、自動運転、コネクテッドの3つの分野の開発成果を集約したコンセプトカーが、EMIRAI4だ。

その2019年モデルでは、最新のHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)技術を体験できるコックピットを提案する。また、光のアニメーションで車の動きを周囲に伝えて事故を未然に防ぎ、降雪時や平坦ではない路面でも判別しやすくした路面ライティング技術、「安心・安全ライティング」を搭載する。さらに、光沢や陰影をリアルに表現する質感表現技術、「Real Texture」を用いたディスプレイをメーター表示などに新たに採用する。

この他、マルチディスプレイシステムや、ドローンと連携した駐車スペース検索などの新技術を搭載した実車を展示する。HEREと提携して取り組んでいる高精度位置情報を活用したサービス事例も紹介する予定だ。

  • 森脇稔
  • 三菱電機 EMIRAI4(2017年)(参考画像)
  • 三菱電機 のCES 2019のブースイメージ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ