日産、「IMQ」を欧州で商標登録…新型クロスオーバーEVか

エコカー レスポンス

日産自動車が欧州において、『IMQ』の名前を商標登録していたことが、EUIPO(欧州連合の知的財産庁)が開示しているデータから明らかになった。

IMQの「IM」とは、日産が掲げている「インテリジェント・モビリティ」の略で、「Q」はクロスオーバー車を指すと見られる。IMQは、コンセプトカーの『IMx』から発想を得た新型クロスオーバーEVのネーミングとなる可能性がある。

IMxは2017年秋、東京モーターショー2018で初公開された。完全自動運転技術を搭載した次世代のクロスオーバーEVの提案だ。IMxでは、「プロパイロット」をさらに進化させた完全自動運転機能を採用しており、「プロパイロットドライブモード」(PDモード)を選択すれば、ステアリングホイールは格納され、シートは深くリクライニングし、乗員全員がリラックスしたまま移動できる。「マニュアルドライブモード」(MDモード)を選択すると、PDモードからシームレスに切り替わり、ドライバーの目の前にステアリングホイールが現れ、シートは適切なドライビングポジションに変化する。

EVパワートレインは、高出力モーター2基を前後に搭載したツインモーター4WDだ。最大出力は435hp、最大トルクは71.4kgmを引き出す。バッテリーには、エネルギー密度をさらに高めた大容量バッテリーを採用し、1回の充電での航続は、最大で600km以上としていた。

  • 森脇稔
  • 日産 IMx コンセプト(参考画像)
  • 日産が欧州で「IMQ」を商標登録したことを示すEUIPO(欧州連合の知的財産庁)の公式サイト
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ