ガレージでゴルフのプライベートレッスンを! ガレントコーポレーションの提案

業界 レスポンス

ガレージというと、もちろん愛車の保管には最適なスペースだが、ここを活用して趣味や様々なアクティビティの拠点にする動きも最近で増えているようだ。

賃貸ガレージハウスを手掛けるガレントコーポレーションでは、ガレージスペースにゴルフシミュレーターを設置し、プライベートなゴルフレッスンスペースとしての価値も提案し、注目を集めている。

同社が展開する物件は通常約2台分のガレージスペースがあり、屋外にも1〜2台分の駐車スペースがあり、その上に居住スペースを備えている。このガレージスペースはシャッターを閉めることで生まれるプライベート空間をクルマ以外にも使えないかということで、その一例としてゴルフのプライベートレッスンスペースとして利用するアイデアが出てきたそうだ。

「もちろん、クルマが好きな方でゴルファーは多いですし、その逆もしかり。多くの方にガレージハウスの魅力を知っていただきたいと思っております。そんな中でゴルフ好きの方の要望として、こうしたプライベートなスペースで練習したいという方は少なくないことがわかりました」とガレントでは話す。

先頃行われた内覧会では、完成間もない物件に、その正確さと、導入による効果でゴルファーから支持されているシミュレーションシステム「トラックマン4」を設置。シミュレーターの体験会も行われた。

技術向上には、単純に数をこなして練習するばかりではだめで、癖や不足分を如実に顕在化させ、モニターし、補正していくことが重要だ。精度の高いトラックマン4は技術の上達に不可欠な要素がふんだんに盛り込まれている。そんなトラックマン4の実力にも来場者は驚きの声を上げていたが、それにも増して、住宅街の中の物件であっても、シャッターを閉めることで、集中してレッスンができて、騒音等で近隣への迷惑をかけることもないという「ゴルフシミュレーターとのマッチングの良さ」に驚いていた。

これまでに、ライダー向けの物件なども手掛け、既存の入居者の中には、ウィンタースポーツやマリンレジャーを楽しむためのベースとして賃貸ガレージを利用するようなケースもあり「単にクルマをしまっておくだけではないガレージの魅力をもっと多くの方に知ってほしい」とガレントでは話す。

もちろん、シミュレーターを入れていてもクルマをしまっておくことも可能。今後はこのシミュレーターが設置可能物件、ますます増やしていく計画だという。

  • 中込健太郎
  • ゴルフが趣味というモデルの高家望愛さんも体験した。《撮影 中込健太郎》
  • コンスタントにコースにも出て練習も欠かさないという高家さん。《撮影 中込健太郎》
  • そんな彼女も課題は抱えているという。《撮影 中込健太郎》
  • 後ろの小さなオレンジ色の機械でフォーム、打った球の飛距離、コースなどがしっかりモニタリングできる。《撮影 中込健太郎》
  • コンパクトなマシンは賃貸ガレージハウスにもピッタリ。《撮影 中込健太郎》
  • 同じスペースのガレージ。クルマが二台納まるスペースだ。《撮影 中込健太郎》
  • 水場なども備わり、ガレージとしての装備も充実。《撮影 中込健太郎》
  • プライベートで、比較的広いスペースを用意しようとしたとき、ガレージは頃合いの広さと言えそうだ。《撮影 中込健太郎》
  • ビギナーはもちろん、エキスパートやプロを目指す人にも様々な使いようがあるガレージハウスと言えそうだ。《撮影 中込健太郎》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ