もつ煮にするか肉豆腐にするか…越後屋食堂 国道18号横川[写真6]

  • 肉豆腐にするかもつ煮にするかそれが問題だ!国道18号線横川の越後屋食堂。《撮影 中込健太郎》
  • 国道18号線を佐久、軽井沢から高崎へ。交通事情によっては高速道路を利用するまでもなく流れる。《撮影 中込健太郎》
  • 年季の入った店舗の前にクルマを並べ食事をする。《撮影 中込健太郎》
  • 前から気になっていた看板。お店を切り盛りするのは80代のご夫婦だ。《撮影 中込健太郎》
  • 選ぶのがむつかしい肉豆腐ともつ煮。セットの定食という手があった。人気メニューだという。《撮影 中込健太郎》
  • 煮込まれたもつ煮。一味唐辛子を振って食べれば、寒い時期もうれしい。《撮影 中込健太郎》
  • 濃いめに煮込まれた肉豆腐。もつ煮とも味のコントラストも絶品だ。つい飯が進む。《撮影 中込健太郎》
  • 小皿に盛られたお新香、肉じゃが、素朴なみそ汁。脇役の役者ぶりもうれしいものだ。《撮影 中込健太郎》
  • ついつい勢いがついてしまって、ごはんを食べ進めるペースが狂う。お代わりをしてしまった。「そりゃ新米だから。美味しいよね。」とご主人が教えてくれた。恵みの秋に感謝。《撮影 中込健太郎》
  • 食事をしていると続々とお客さんが入ってくる。「あのトラックのお客さんは二日にいっぺんくらい寄ってくれるんだ。」地元や、頻繁に通る人に愛される味。是非また寄りたい。《撮影 中込健太郎》

軽井沢(長野県軽井沢町)から国道18号で碓氷峠を下った横川(群馬県安中市)と言えば、「釜めし」を思い描く人は多いだろう。しかし、ここの越後屋食堂もぜひ立ち寄っておきたい食堂だ。

レスポンス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ