スバル米国販売は5%増の68万台、10年連続の記録更新 2018年

業界 レスポンス

SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは、2018年の新車販売の結果を発表した。総販売台数は過去最高の68万0135台で、前年比は5%増と10年連続で前年実績を上回った。

最量販車は、『アウトバック』(日本名:『レガシィ アウトバック』)だ。2018年は17万8854台を売り上げたものの、前年比は5.3%減とマイナスに転じた。セダンの『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)も、19.5%減の4万0109台と2年連続のマイナスだ。

もうひとつの主力車種が、『フォレスター』だ。2018年実績は17万1613台で、前年比は3.4%減と、2年連続のマイナスだ。これは、新型の販売が18年中は本格化していなかった影響となる。

『クロストレック』(日本名:『XV』)は好調だ。2018年は、新記録となる14万4384台を販売した。前年比は31.1%増と2桁増を達成する。

一方、『WRX』シリーズは、『WRX STI』を含めて、2018年は2万8730台を販売した。前年比は、8.4%減と3年連続のマイナスだ。『インプレッサ』(「WRX」を除く)は2018年、7万6400台を販売する。前年比は11.2%減と、2年ぶりに前年実績を下回っている。

  • 森脇稔
  • スバル・フォレスター新型(米国仕様)
  • スバル・アウトバック(米国仕様)
  • スバル・レガシィ(レガシィB4)の2019年モデル
  • スバル・インプレッサ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ