デンソー、自動運転車向けプラットフォーム共同開発…デジタル地図のトムトムと提携

テクノロジー レスポンス

デンソー(Denso)とトムトム(TomTom)は1月4日、提携を結び、自動運転車向けソフトウェアプラットフォームを共同開発すると発表した。

トムトムは、オランダに本拠を置くデジタル地図サービスの大手企業だ。リアルタイムのデジタル地図、ナビゲーションシステム向けソフトウェア、各種コネクテッドサービスなどを手がけている。

今回の提携により、デンソーはトムトムと共同開発したマッピングシステムを活用して、高速道路や主要な都市道路において、レベル2の自動運転を可能にするシステムを実現できるようになる。デンソーのセンサー技術とトムトムのHDマップを組み合わせることで、より高度で信頼性が高く安全なシステムの構築を目指す。

今回の提携の一環として、デンソーは処理されたセンサーデータを、トムトムの自動運転車用のマッピングシステムと先進運転支援システム(ADAS)に提供し、トムトムのHDマップをリアルタイムで更新する。これは、クラウドソースのマップ更新を行うことによって可能になるという。

両社は、トムトムのHDマップがデンソーのカメラやレーダー、車載センサーと連携して、完全自動運転システムのための位置確認やルート計画機能を強化していく、としている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ