2年連続で増加し500万台突破…2018年の新車総販売

業界 レスポンス

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が1月7日に発表した2018年の新車販売統計(速報)によると、総台数は前年比0.7%増の527万2067台と2年連続でプラスとなり、かつ500万台ラインを突破した。

18年の新車販売は年間を通じて一進一退の推移だったが、軽自動車の堅調な回復に支えられ、小幅ながら増加となった。18年の販売のうち登録車は1.3%減の334万7943台と、3年ぶりにマイナスになった。一部で新モデル効果はあったものの、トレンドとしてはほぼ横ばいで推移した。17年秋に表面化した完成検査問題で落ち込んだ需要はほぼ回復したが、力強さを欠いた。

一方、18年の軽自動車の総販売台数は4.4%増の192万4124台と2年連続で増加した。ホンダの「N」シリーズやスズキの『ジムニー』など、各社とも新モデルが好調で、底堅い需要が続いた。

同時に発表された12月の総販売台数は前年同月比1.7%減の38万7525台で3か月ぶりのマイナスになった。このうち登録車は4.4%減の25万0879台と、3か月ぶりの減少。軽自動車は3.6%増の13万6646台となり、6か月連続で増加した。

  • 池原照雄
  • スズキ・ジムニー新型《撮影 高木啓》
  • トヨタ・クラウン新型《撮影 平川亮》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ