gooポイント 1,000ポイントプレゼント 中古自動車web問合せ限定キャンペーン
gooポイント 1,000ポイントプレゼント 中古自動車web問合せ限定キャンペーン

ZF、自動運転の頭脳にザイリンクスの技術を採用…リアルタイムでデータ収集&処理

テクノロジー レスポンス

ZFとザイリンクスは1月6日、提携を結び、ザイリンクスの技術をZFの人工知能(AI)ベースの自動車用コントロールユニット、「ZF ProAI」に採用すると発表した。

ザイリンクスは米国カリフォルニア州に本拠を置き、エンドポイントから、エッジ、クラウドに至るまで、多種多様な技術を搭載したアダプティブ プロセッサやプラットフォームを開発している。ザイリンクスが発明した技術には、FPGA、ハードウェア プログラマブル SoC、ACAP などがある。

ZF ProAIは、ZFとエヌビディアが共同開発した人工知能ベースの自動車用コントロールユニットだ。ZF ProAIは車載に対応でき、クラウド経由の高機能化アップデートやアップグレードが可能。ZF ProAIは自動運転の頭脳としての役割も担う。

ZFは、ZF ProAIにザイリンクスのプラットフォームを導入して、リアルタイムのデータ収集と処理、配信を行う。ZFは、新しいAIベースの電子制御ユニットでAI処理を高速化する、としている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ