ケンウッド、最大出力400Wの車載サブウーファー発売へ 新開発D級アンプ搭載

テクノロジー レスポンス

ケンウッドは、最大出力400Wの新開発クラスDアンプを搭載たチューンアップ・サブウーファー「KSC-SW40」を2月下旬より発売する。

新製品は、磁気回路を最適化し、厳選パーツを採用した新開発のクラスDアンプを搭載。最大400Wのハイパワー出力で、迫力ある重低音を再現する。また、バスレフポートにより低音を増強するバスレフ型と、スピーカーを下向きに設置するダウンファイリング方式のエンクロージャーを採用。量感豊かな迫力ある重低音を楽しむことができる。

サイズは幅450×高さ300×奥行150mm。フラットな天面の表面素材にはパンチカーペットを採用し、荷物スペースとしても活用できるようにした。また、電源コードやRCAコードなどを同梱したオールインワンパッケージとなっており、手軽に質感・重量感のある音場空間へのシステムアップが可能となっている。

価格(税別)は4万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ケンウッド KSC-SW40
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ