ZF、自動運転のライドシェアサービスで提携…CES 2019

テクノロジー レスポンス

ZFは1月7日、米国ラスベガスで開催したCES 2019のプレビューイベントにおいて、自動運転のライドシェアサービスで提携すると発表した。

ZFと提携を結んだのは、Transdev社になる。同社は、フランスに本拠を置くモビリティサービスの世界的大手プロバイダーだ。主に、公共交通機関を支援しており、世界20カ国に8万2000人の従業員を擁し、毎日1100万人に利用されている。

またこの提携には、ZFのパートナー、e.GO社も参画する。すでにZFとe.GO社は、合弁企業のe.GOムーバー社を設立している。e.GOムーバー社は、自動運転が可能な電動モビリティを、2019年に量産開始する予定だ。

ZFとTransdev社の今回の提携は、自動運転のライドシェアサービスを実現するのが狙い。e.GOムーバーのEVシャトルをTransdevのオペレーティングシステムに組み込むことによって、新たなシェアリングモビリティソリューションを開発していく。

具体的には、Transdev社が持つ全世界の自動運転システムを利用しながら、e.GOムーバーのEVシャトルの監視システム、コネクテッドインフラストラクチャ、顧客向けアプリケーションなどを開発する、としている。

  • 森脇稔
  • e.GOムーバー社の自動運転EVシャトル
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ