MaaSで必要となる新たなコネクテッド技術、デンソーが披露…CES 2019[写真8]

  • 処理能力を高めたデンソーの「Mobility IoT Core」
  • 「Mobility IoT Core」の概念図
  • 出展した「Mobility IoT Core」のモックアップには、イメージとして拡張ECUを組み合わせていた
  • 「Mobility IoT Core」のモックアップ
  • レベル5の自動運転を実現した際のメリットを乗車して体験できるようになっていた
  • 実際に10mほど走行して近未来のコックピットを体験できるコーナー
  • 既に商品化されている「ドライバー・ステータスモニター」
  • ドライバイの目や顔の状態を検知して、以上をいち早くキャッチできる

デンソーは、米ラスベガスで開催した家電見本市「CES 2019」に出展し、改良を施したMaaS(Mobility as a Service)向け車載コンピューターのプラットフォーム「Mobility IoT Core」を公開した。前年の開発品から車載コンピューターとして処理能力を高めたのが特徴となる。

レスポンス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ