欧州新車販売が5年ぶりに減少、0.1%減の1562万台 2018年

業界 レスポンス

ACEA(欧州自動車工業会)は1月16日、2018年の欧州全域(EU+EFTA全30か国)の新車販売結果を発表した。総販売台数は1562万4486台で、前年比は0.1%減と5年ぶりに前年実績を下回った。

5大主要国では、ドイツが343万5778台を販売し、前年比は0.2%減と5年ぶりに減少した。イタリアも、前年比3.1%減の191万0025台と、5年ぶりのマイナスだ。英国は236万7147台にとどまり、前年比は6.8%減と、2年連続の前年割れとなった。

一方、フランスは前年比3%増の217万3481台と、5年連続で増加した。スペインも7%増の132万1438台と、6年連続で前年実績を上回る。

主要8社の販売実績は、首位のフォルクスワーゲングループ(アウディ、セアト、シュコダなどを含む)が、前年比0.4%増の373万3427台と、5年連続で増加した。このうち、VWブランドが2.7%増の175万2162台と、3年ぶりに増加した。アウディブランドも、12.4%減の72万4168台と、2年連続で減少した。

2位はPSAグループで、2018年実績は、前年比32.5%増の249万9522台と、オペル加入の効果で2年連続の前年超えだ。その内訳は、プジョーが5%増の97万1437台と、5年連続のプラス。シトロエンが5%増の59万8254台と、2年連続で増加した。オペルは前年のおよそ2.6倍の88万4412台を売り上げる。

3位はルノーグループで、その販売台数は164万1156台で、前年比は0.8%増と6年連続の前年超え。低価格のダチアブランドは、11.7%増の52万8249台と、引き続き増加した。主力のルノーブランドは、3.9%減の110万5778台と、5年ぶりに前年実績を下回った。

4位はBMWグループ(MINIを含む)で、2018年は103万3221台を販売した。前年比は1%減と、5年ぶりに前年実績を下回った。BMWブランドは1.5%減の81万5179台で、5年ぶりに減少した。MINIブランドは1.2%増の21万8042台と、5年連続でプラスを保つ。

5位はFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)グループ(ランチアやアルファロメオを含む)で、だ。その販売台数は102万1311台で、前年比は2.3%減と5年ぶりに減少した。ブランド別では、アルファロメオが3.4%減の8万2939台と、3年ぶりのマイナス。ランチア(クライスラーを含む)は19.8%減の4万8854台と、2年連続のマイナスだ。主力のフィアットブランドは、8.8%減の71万1285台と、5年ぶりに減少した。ジープブランドは、55.6%増の16万8674台と、引き続き伸びる。

6位はフォードモーターで、2018年は99万4397台を販売した。前年比は2.4%減と、2年連続で減少した。

7位は、ダイムラー(メルセデスベンツとスマート)で、で、その販売台数は97万0187台で、前年比は2.3%減と、6年ぶりの前年割れだ。ブランド別では、メルセデスベンツが2.5%減の87万1221台と、6年ぶりに減少。スマートは前年比横ばいの9万8966台だった。

8位はトヨタグループ(レクサスを含む)で、その販売台数は76万0069台だ。前年比は3.8%増と、5年連続で増加した。トヨタブランドは3.9%増の71万3374台と、6年連続で増加した。レクサスブランドは2.6%増の4万6695台と、2年ぶりに前年実績を上回っている。

  • 森脇稔
  • ルノー・メガーヌ
  • プジョー308
  • BMW5シリーズ
  • フィアット・パンダ
  • フォード・フィエスタ
  • メルセデスベンツEクラスセダン
  • トヨタ・ヤリス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ