トラック運行をスマホで管理、富士通マーケティングがシステムを開発・提供

テクノロジー レスポンス

富士通マーケティングは、スマートフォンを活用した運行管理ソリューション「エンタープライズ アプリケーション AZCLOUD SaaS スマートデジタコ」を1月17日に提供開始した。

「AZCLOUD SaaS スマートデジタコ」は、走行データをデジタル式運行記録計とスマートフォンで取得し、走行データをクラウド上で一元管理し、リアルタイムな運行管理や動態管理を実現するソリューション。デジタルタコグラフにはトランストロン製「DTS-E1」を採用し、取得するデータを速度・距離・時間に限定することで、ローコストでの導入を実現する。

システムは車両1台から導入できるため、輸配送業務だけでなく、営業車を保有する幅広い顧客の業務効率化や安全対策の強化を支援するとしている。

  • レスポンス編集部
  • AZCLOUD SaaS スマートデジタコ導入イメージ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ