トヨタ スープラ 新型、量産第一号車が210万ドルで落札…新車価格の約40倍

モータースポーツ レスポンス

トヨタ自動車の米国部門は1月19日、新型『スープラ』(Toyota Supra)の量産第一号車が、米国アリゾナ州で開催されたオークションにチャリティ目的で出品され、210万ドル(約2億3050万円)で落札された、と発表した。

新型スープラの量産第一号車は、ワンオフのカスタムモデルだ。ボディカラーはマットグレーで塗装し、ホイールはマットブラックで仕上げられた。ドアミラーカバーは赤として、アクセント効果を追求する。インテリアには赤いレザーを採用し、カーボンファイバー製のエンブレムが装着される。

また、車体番号は「20201」だ。これは、新型スープラが米国では2020年モデルとなり、その量産第一号車であることを示している。

この新型スープラの量産第一号車が、米国アリゾナ州で開催された「バレット・ジャクソン」オークションに出品された。その結果、210万ドル(約2億3050万円)で落札された。これは、ベース車両の新車価格5万5250ドル(約600万円)のおよそ40倍となる。なお、売り上げの全額が、アメリカ心臓協会とボブ・ウッドラフ財団に寄付される予定だ。

  • 森脇稔
  • トヨタ・スープラ 新型の量産第一号車
  • トヨタ・スープラ 新型の量産第一号車
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ