スキーキャリアをスバルゲレンデタクシー会場で展示したTHULE

業界 レスポンス

SUBARU(スバル)がゲレンデでスキー客やスノーボーダーを山の上まで送迎する「ゲレンデタクシー」が今シーズンもスタートした。ルーフキャリア&ラックのブランド「THULE」(スーリー)にとっても格好のアピール機会になっていた。

今シーズンのゲレンデタクシー第1回、THULEは長野県の栂池高原スキー場にブースを設けて、ルーフキャリアを展示していた。

THULEを輸入販売する阿部商会の担当者は「スキーキャリアは、カー用品店などで購入は可能ですが、使い勝手の体験は、なかなかできるものではないでしょう。このように雪山を駆け回るスバル車のルーフに取り付けられて、スキー板やボードを固定したり降ろしたりという現場を目の当たりにするわけです」と話す。

展示されていたルーフボックスは「モーションXT XXL」というモデルで610リットルの容量を確保した上に、左右両側のどちらからでも開閉できる。やはり道具は実際に稼働するところを見るのが一番だろう。ゲレンデタクシー利用者は順番待ちの間目にすることになる。

「板についた雪を解けるのを待つことなく、クルマに乗り込むことが可能です。そうすれば車内も汚れず、場所も取りませんし時間も節約できます。そんな魅力をもっと多くの人に知ってほしいですね」と阿部商会では話す。

  • 中込健太郎
  • 雪山を駆け上るスバル車。リフト代わりにも利用できるが多くの人が往復、スバル車での雪上ドライブを楽しむ。《撮影 中込健太郎》
  • ラリードライバーの運転する雪上でのスバルAWD。今何が起きているかしっかりわかり安心感も上質だ。《撮影 中込健太郎》
  • そのゲレンデタクシーには実際にTHULEのキャリアが装着されており、利用者のスキー板やボードを固定するのに大活躍。《撮影 中込健太郎》
  • その脱着性、軽い操作感。安全性、使い勝手、いろいろな面で非常によく考えられているTHULEのキャリア。《撮影 中込健太郎》
  • ルーフボックスもたっぷりとした要領で冬だけでなく通年使える便利ツールだ。しかしその脱着はこのボルトを外せば行えるので簡単だ。《撮影 中込健太郎》
  • 細かな金具などの質感も高い。安全性も考えられている。しかもこのルーフックス、左右どちらにも開閉することができる。《撮影 中込健太郎》
  • 良い道具は実践の場で本領を発揮する。《撮影 中込健太郎》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ