日産、ゴーン取締役とケリー取締役を解任する臨時株主総会 4月中旬開催へ

業界 レスポンス

日産自動車は1月24日、カルロス・ゴーン取締役とグレッグ・ケリー取締役の解任と、新たにルノーが指名する取締役1人を選任する臨時株主総会を4月中旬に開催する方向で検討を開始すると発表した。

日産は、ゴーン被告がルノーの会長とCEO(最高経営責任者)を辞任することが決まったことから、ルノーが求めていた臨時株主総会を開催することにした。

日産は逮捕されたゴーン被告の会長を解任、代表権を外したほか、同じく逮捕されたケリー代表取締役の代表権を外した。その後、臨時株主総会でゴーン被告、ケリー被告の取締役を解任する方針だったが、ルノーがゴーン被告を会長、CEOにとどめていたことから臨時株主総会を開催できないでいた。

ルノーがゴーン被告の会長、CEO解任を決めたことから、ゴーン被告の後任を受け入れることにした。

  • レスポンス編集部
  • 日産グローバル本社 (c) Getty Images
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ