ボッシュ、電動モビリティを拡大…ダイムラーとのモーター生産合弁を完全子会社化へ

エコカー レスポンス

ボッシュ(Bosch)は1月24日、ダイムラーと合弁で設立した電動車向けモーター生産のEMモーチブ社を、完全子会社化すると発表した。

EMモーチブ社は2011年、ボッシュとダイムラーの折半出資でドイツに設立された。2012年から、電動パワートレイン車向けのモーターの生産を開始し、主にメルセデスベンツとスマートの両ブランドの電動パワートレイン車に搭載されてきた。

ボッシュとダイムラーがe-モビリティ分野で協力する目的は、両社の専門能力による相乗効果を利用し、バッテリーや燃料電池、レンジエクステンダーによって加速される電動車のための高品質なトラクションモーターを開発することにあった。EMモーチブ社はこれまでに、45万基のモーターを出荷している。

ボッシュはこのEMモーチブ社を、完全子会社化すると発表した。現在、EMモーチブ社のモーターは、ダイムラーだけでなく、ポルシェ、フィアット、ボルボカーズ、プジョーなどの自動車メーカーに採用されている。完全子会社化は、電動モビリティを拡大するための次のステップ、としている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ