その名は「友達」、ホンダとIEDが2025年のEV提案…ジュネーブモーターショー2019で発表へ

エコカー レスポンス

ホンダとIED(ヨーロッパデザイン学院)は1月24日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2019において、コンセプトカーのホンダ『TOMO』(Honda Tomo)を初公開すると発表した。

IEDは、1966年に設立された欧州で有数のデザイン専門学校だ。イタリア、スペイン、ブラジルなど、世界7か国で開校している。在学中、企業でデザインを実践できる機会が多く与えられることで知られ、卒業生は各方面で活躍している。

ジュネーブモーターショー2019で初公開される予定のホンダTOMOは、IEDのイタリア・トリノ校のマスターコースに在籍する13名の学生が手がけるデザインスタディだ。現在、ホンダと共同でデザインを進めている。

「友達」を意味するホンダTOMOのテーマは、「2025年のファントゥドライブ」だ。郊外向けのレジャー車と、都市向けのビジネス車に求められる異なる要件を、1台の車で実現する。ボディサイズは全長3997mm、全幅1893mm、全高1556mm、ホイールベース2690mmだ。

なお、ホンダTOMOには、電動パワートレインを採用する。 IEDは、ホンダTOMOには、スマートデバイスと2025年向けに設計されたモビリティツールを搭載する、としている。

  • 森脇稔
  • ジュネーブモーターショー2018 (c) Getty Images
  • ジュネーブモーターショー2018 (c) Getty Images
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ