ドライバーの状態に反応して自動車を最適制御、アイシングループが披露…CES 2019[写真8]

  • アイシンは昨年のサウスホールから自動車関連の出展が多いノースホールに場所を移した《撮影 会田肇》
  • 体験型コンセプトカー「i-mobility TYPE-C」を初公開した《撮影 会田肇》
  • 「i-mobility TYPE-C」では赤外線カメラによってドライバーの異常を検知する《撮影 会田肇》
  • 「i-mobility TYPE-C」では、ドライバーの異常に対応し、自動的に路肩へ車両を寄せるシミュレーションが体験できた《撮影 会田肇》
  • 「i-mobility TYPE-C」に近づくと、ドアが自動的に開いてシートを乗りやすく回転する“おもてなし”が展開される《撮影 会田肇》
  • 乗員の快適性を表情から読み取る技術を披露《撮影 会田肇》
  • 乗員の状態に応じてマッサージや香りなどを動作させることを想定する《撮影 会田肇》
  • 子供が乗車した際には自動的にチャイルドシートが展開される《撮影 会田肇》
  • シトロエン「DS7」に搭載された「FF1モーターハイブリッドトランスミッション」を出展《撮影 会田肇》
  • 「FF1モーターハイブリッドトランスミッション」の解説パネル《撮影 会田肇》
  • カーナビとコネクテッド技術を組み合わせた「Location Based Service Platform」を提案《撮影 会田肇》
  • 「Location Based Service Platform」では、道路の状況をクラウドに上げて様々な用途で共有するメリットを強調していた《撮影 会田肇》

大手自動車部品メーカーであるアイシングループは、今年1月、米ラスベガスで開催されたCES 2019に同グループ主要14社で出展。今回のCESで初公開となる体験型コンセプトカー「i-mobility TYPE-C」をはじめ、電動化ソリューションに向けたトランスミッションなどを披露した。

レスポンス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ