トーヨータイヤ、米国タイヤ工場の累計生産本数5000万本突破

業界 レスポンス

トーヨータイヤの米国製造子会社トーヨータイヤ ノースアメリカ マニュファクチャリング(TNA)は1月29日、累計生産本数が5000万本を突破したと発表した。

累計生産本数5000万本目のタイヤは、NITTOブランドで販売しているライトトラック用タイヤ「リッジ グラップラー」(日本未発売)で、アグレッシブなルックスとオンロードでの静粛性を兼ね備えた性能で高い評価を得ている。

TNAは、2005年12月に同社グループの北米タイヤ製造拠点として操業を開始した。高度に自動化された同社独自のタイヤ製造工法「A.T.O.M.(Advanced Tire Operation Module)」によって高品質なタイヤを生産。ライトトラック用の大口径タイヤを中心に、北米アフターマーケットだけでなく、自動車メーカーの新車装着用タイヤとしても大型ピックアップトラックやSUVに採用されている。

トーヨータイヤは、これまで、北米市場におけるライトトラック用タイヤの需要拡大に対応するため段階的にTNAの生産能力を増強してきた。累計生産本数は2016年に3000万本、2017年には4000万本を突破。TNAは、現在、第5期能力増強を進めており、今年4月には年産120万本(乗用車用タイヤ換算)の増産設備が稼働を開始する予定だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トーヨータイヤ・ノースアメリカ・マニュファクチャリング(TNA)
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ