マツダ、営業益が44.4%減…競争激化による販売費用増加など 2018年4-12月期決算[写真1]

  • マツダ本社(広島)
  • マツダ・アテンザ
  • マツダ・ロードスター

マツダは2月6日、2018年4〜12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表。競合激化等による販売費用の増加や為替相場の影響等により、営業利益は前年同期比44.4%減の大幅減益となった。

レスポンス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ