すきま5cm、バスの幅寄せ…内閣府SIPが自動運転の研究成果を披露[フォトレポート]

テクノロジー レスポンス

「内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システム」は6〜7日の2日間、東京臨海都心のTFTホールで、研究成果を発信する「自動運転のある未来ショーケース〜あらゆる人に移動の自由を〜」を開催している。

SIP自動走行システムは、高度な自動走行システムの実現による、事故・渋滞の低減、利便性の向上を目指す。産学官が連携して取り組むべき技術課題の研究開発や実証実験に、5か年に渡り取り組んできた。

自動運転技術を実際に利用する人を対象に、自動運転の現状と未来を知ってもらうため、内閣府は関係省庁および管理法人のNEDOと協力し、「ショーケース」を開催した。

ショーケースでは、自動運転について専門知識のない人でも興味をもてるよう、専門家によるガイドツアーや参加体験プログラムが用意されている。ダイナミックマップの体験型デモ、交差点での歩行者検知、バス停留所への正着制御体験デモ、ドライビングシミュレーターによる運転引継体験、自動運転バスの試乗体験など企画されている。入場は無料。

  • 高木啓
  • 自動運転シミュレーション(自動運転のある未来ショーケース)《撮影 内閣府》
  • 自動運転シミュレーション(自動運転のある未来ショーケース)《撮影 内閣府》
  • 自動運転シミュレーション(自動運転のある未来ショーケース)《撮影 内閣府》
  • V2P(人車間)通信(自動運転のある未来ショーケース)《撮影 内閣府》
  • 歩行者のための赤信号短縮・青信号延長システム(自動運転のある未来ショーケース)《撮影 内閣府》
  • 歩行者のための赤信号短縮・青信号延長システム。スマホと信号との間で通信(自動運転のある未来ショーケース)。《撮影 内閣府》
  • スマホと信号との間で通信(自動運転のある未来ショーケース)。《撮影 内閣府》
  • 自動運転のある未来ショーケース《撮影 内閣府》
  • バス出入り口と歩道との、高さ・間隔のギャップ。向かって右の数字は一般的なバス、歩道、ドライバー、中央はバスを45mmまで歩道に寄せた場合、左は、さらにバス床面と歩道の高さをそろえた場合(自動運転のある未来ショーケース)。《撮影 内閣府》
  • バス出入り口と歩道との、高さ・間隔のギャップを車椅子で体験。奥は一般的なバス、歩道、ドライバー、中央はバスを45mmまで歩道に寄せた場合、左は、さらにバス床面と歩道の高さをそろえた場合(自動運転のある未来ショーケース)。《撮影 内閣府》
  • 自動運転バス(自動運転のある未来ショーケース)《撮影 内閣府》
  • 自動運転バス。初日はあいにくの雨(自動運転のある未来ショーケース)。《撮影 内閣府》
  • 自動運転バス。屋外体験ゾーン内では全行程自動運転する(自動運転のある未来ショーケース)。《撮影 内閣府》
  • 自動運転バスは臨海都心の公道も走る。模擬停留所で歩道への幅寄せ、正着を自動運転で実施する(自動運転のある未来ショーケース)。《撮影 内閣府》
  • 6cmていどまで寄せられる(自動運転のある未来ショーケース)。《撮影 内閣府》
  • TFTホール(自動運転のある未来ショーケース)《撮影 内閣府》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ