テスラ、EV向け電池の低コスト化を推進へ…米バッテリー企業を買収

エコカー レスポンス

テスラ(Tesla)が、バッテリー技術を手がける米国のマクスウェル・テクノロジーズ社を買収する。マクスウェル・テクノロジーズ社が2月4日、発表した。

マクスウェル・テクノロジーズ社は、米国カリフォルニア州に本拠を置く。自動車メーカーなどに対して、蓄電システムの開発や生産を行っている。

テスラは、マクスウェル・テクノロジーズ社の全株式を取得し、2019年第2四半期(4〜6月)をメドに、マクスウェル・テクノロジーズ社を完全子会社化する計画だ。

テスラは、主力EVの『モデル3』を大量生産して、低価格化を進めるために、コスト構造の見直しを進めている。今回のマクスウェル・テクノロジーズ社の買収によって、EV向けバッテリーの低コスト化を推進していく。

  • 森脇稔
  • 米国のマクスウェル・テクノロジーズ社の公式サイト
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ