5Gを活用して複数の自動運転車を遠隔監視 実証実験を実施へ

テクノロジー レスポンス

KDDIやアイサンテクノロジーなどは、2月9日に愛知県一宮市で、国内初となる第5世代移動通信システム「5G」を活用した複数車両の遠隔監視型自動運転の実証実験を一般公道で実施する。

アイサンテクノロジー、KDDIのほか、KDDI総合研究所、損保ジャパン日本興亜、ティアフォー、岡谷鋼機、名古屋大学が参画する。

実証実験は、2台の自動運転車の運転席を無人の状態とした上で自動走行する。1台に5Gを搭載し、自動走行では遠隔にいる1人の運転手が2台を同時に監視し、緊急時には制御する。

実験は愛知県による「2018年度自動運転実証推進事業」における自動運転の実証実験で実施する。

各社の役割はアイサンテクノロジーが事業全体を統括するとともに、高精度3Dマップ更新・作成、アプリケーション作成、自動運転の実証、報告書を作成する。KDDIは5G自動運転車の開発・提供、4G LTE通信ネットワークの提供と5Gエリアの構築・評価、車載通信機、遠隔管制卓とクラウドシステムをつなぐ通信システムを提供する。

KDDI総合研究所は5G自動運転車の開発・提供、5Gを活用した遠隔自動運転実現のためのシステム設計の検討と実装をサポートする。損保ジャパン日本興亜は自動運転についてのリスクアセスメントや、自動運転専用保険・サービスの開発を検討する。ティアフォーは自動運転ソフトウェア「Autoware」の提供と自動運転技術支援、助言する。

岡谷鋼機は自動運転事業の実用化検証を支援し、名古屋大学はモニター調査と取りまとめを担当する。

  • レスポンス編集部
  • 5Gを活用して複数の自動運転車を遠隔監視 実証実験を実施へ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ