【ノスタルジック2デイズ】ミケロッティの試作車が2台!…搬入・設営日に潜入 2月23-24日開催

新車 レスポンス

日本最大級のクラシックカーモーターショー「ノスタルジック2デイズ」。2月23・24日の2日間、今年も会場となるパシフィコ横浜(横浜市)は、旧車一色となる。開催前日の22日は搬入・設営日。全国から出展企業、出展車両が集まり、深夜まで準備に追われていた。

今回の注目はなんと言っても、ジョヴァンニ・ミケロッティがデザインした2台の試作車が、時代を超えて、日本で並んで展示されることだろう。

1971年のジュネーブモーターショーで発表され、フランスのマトラ・シムカ『バゲーラ』の試作車として製作された、ガルウィングドアの2ドアクーペ『レーザー』と、1974年のトリノモーターショーで発表された、ランチア『ベータ』をベースに4枚のドアにガルウィングを採用した、コンセプトファミリーカーの『ミザール』だ。ともに世界に1台しかないモデルで、それぞれ1台で展示されるだけでもまれながら、今回この2台が、横浜でガルウィングを開け放ち、隣り合わせで展示されることになっている。

ほかにもウルフ・カウンタックの1号車、日産『フェアレディZ432-R』をはじめとした特別展示や、出展企業・ショップが展示する「あの頃の普通のクルマたち」など、1台として見逃すことはできない。

  • 中込健太郎
  • 前日の22日は搬入設営日。《撮影 中込健太郎》
  • 15時の搬入開始とともに続々集まる出展車両。《撮影 中込健太郎》
  • 名車も続々集まり、手際よく会場に配置されていった。《撮影 中込健太郎》
  • 準備は夜遅くまで続く。《撮影 中込健太郎》
  • 群馬にあるオートサークルのチェリー。《撮影 中込健太郎》
  • オートサークルのブースではキャラクターのぬいぐるみがお出迎え。《撮影 中込健太郎》
  • 夜9時が過ぎても作業は続けられていた。《撮影 中込健太郎》
  • 積載車ヤードから会場へ向かうディーノ。《撮影 中込健太郎》
  • 今回の目玉、ランチア・ミザール。是非会場で実車を見てほしい。《撮影 中込健太郎》
  • レーザーとミザールが並ぶのは世界初の機会となる。《撮影 中込健太郎》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ