フィアット 500X に創業120周年記念車、テーマは「タキシード」…ジュネーブモーターショー2019で発表予定

新車 レスポンス

フィアットは、3月5日にスイスで開幕するジュネーブモーターショー2019において、フィアット『500X』(Fiat 500X)の「120th」を初公開すると発表した。

フィアットは1899年、イタリアで創業した。今年は、フィアット創業から120周年に当たる。これを記念して、フィアットはジュネーブモーターショー2019において、小型SUVのフィアット500Xの120thを初公開する。

フィアット500Xの120thでは、「タキシード」をテーマにしたカラーリングを採用する。「パールタキシード」仕様では、ボディのウインドウラインから上側がブラック、下側がパールホワイトに。「シルバータキシード」仕様では、ボディのウインドウラインから上側がブラック、下側がシルバーグレーとなる。

この他、ドアミラーカバーやサイドシルはブラックとなり、フルLEDヘッドライトを装備した。16インチまたは17インチ(オプション)のアルミホイールは、ダーク仕上げとなる。インテリアでは、クーパーカラーのドアトリムを採用。オートヘッドライトや駐車支援システムを標準装備する。

エンジンは、1.0リットルガソリンターボが最大出力120hp。ディーゼルは、1.3リットルが最大出力95hp、1.6リットルが最大出力120hpを発生する。

  • 森脇稔
  • フィアット 500X の120th
  • フィアット 500X の120th
  • フィアット 500X の120th
  • フィアット 500X の120th
  • フィアット 500X の120th
  • フィアット 500X の120th
  • フィアット 500X の120th
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ