マツダ、北米の新経営体制を発表…欧州のトップを北米新社長に起用

業界 レスポンス

マツダ(Mazda)の米国法人、北米マツダは3月12日、新たな経営体制を発表した。

今回の発表では、2016年1月から北米マツダの社長兼CEOを務めてきた毛籠勝弘(もろ・まさひろ)氏が、4月1日付けで会長兼CEOに昇格する。マツダの米国とカナダ、メキシコ事業を統括する。

毛籠氏は、1983年にマツダに入社。主に、営業およびマーケティングを担当してきた。2004年3月には、欧州マツダに異動。2012年5月から2013年7月末までは、豪州マツダのディレクターの地位にあった。2016年1月、北米マツダの社長兼CEOに就任した。

また今回の発表では、北米マツダの社長に、ジェフリー・ガイトン氏が4月1日付けで就任する。同氏は現在、マツダモーターヨーロッパの社長兼CEO。過去16年間、マツダの欧州におけるブランド価値を高めることに貢献してきた。ガイトン新社長が、毛籠会長兼CEOに業務内容を報告する体制を取る、としている。

  • 森脇稔
  • マツダUS本社
  • マツダ(ジュネーブモーターショー2019)
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ