シートベルトで運転者の健康状態を検知、カバー型デバイスの実証実験を実施

テクノロジー レスポンス

損害保険ジャパン日本興亜とPOSH WELLNESS LABORATORYは3月13日、POSH WELLNESSが開発した「シートベルトカバー型デバイス」で、ドライバーの眠気や健康状態悪化の予兆検知と事故防止を検知するサービスの提供を目指して実証実験を開始したと発表した。

両社は、健康に起因する交通事故の削減を目指すことで合意し「シートベルトカバー型デバイス」活用による新たな事故防止サービスの開発に向けて実証実験と受容性を調査する。

実証実験は第1段階として損保ジャパン日本興亜が所有する車両のシートベルトに「シートベルトカバー型デバイス」を装着し、シートベルトカバーに埋め込んだ非接触センサーでドライバーの呼吸量・脈拍・運転姿勢を計測する。同時に、ドライバーの呼吸量や脈拍を精密に計測する医療機器で「シートベルトカバー型デバイス」から収集されたデータの精度を検証する。

また「シートベルトカバー型デバイス」装着時のドライバーへの負担度合、使用感などのサービスの受容性を確認する。

両社は、眠気や無呼吸症候群、心筋梗塞など、健康状態が悪化する予兆を検知できる「シートベルトカバー型デバイス」の実用化を目指す。ドライブレコーダーやスマートフォンアプリなどを用いたテレマティクスサービスとも組み合わせた複合的なサービスの開発も検討し、事故防止につながるサービス提供を目指す。

  • レスポンス編集部
  • シートベルトカバー型デバイスの実証実験
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ