トライアンフ 『スクランブラー1200』発表会は、世界観を意識したグランピングスタイルで[写真44]

  • 日本での発売が始まったスクランブラー1200 XC(右)と、オフロードでの走破性を高めたスクランブラー1200 XE(左)《撮影 河野正士》
  • 日本での発売が始まったスクランブラー1200 XC(右)と、オフロードでの走破性を高めたスクランブラー1200 XE(左)《撮影 河野正士》
  • トライアンフレディの柳原ゆうさんと、大関さおりさんがスクランブラー1200 XC/XEとともに会場にライドイン《撮影 河野正士》
  • トライアンフレディの柳原ゆうさんと、大関さおりさんがスクランブラー1200 XC/XEとともに会場にライドイン《撮影 河野正士》
  • トライアンフレディの柳原ゆうさんと、大関さおりさんがスクランブラー1200 XC/XEとともに会場にライドイン《撮影 河野正士》
  • トライアンフレディの柳原ゆうさんと、大関さおりさんがスクランブラー1200 XC/XEとともに会場にライドイン《撮影 河野正士》
  • トライアンフレディの柳原ゆうさんと、大関さおりさんがスクランブラー1200 XC/XEとともに会場にライドイン《撮影 河野正士》
  • トライアンフレディの柳原ゆうさんと、大関さおりさんがスクランブラー1200 XC/XEとともに会場にライドイン《撮影 河野正士》
  • トライアンフモーターサイクルジャパン代表、野田一夫氏《撮影 河野正士》
  • トライアンフモーターサイクルジャパン代表、野田一夫氏《撮影 河野正士》
  • スタンダードモデルのスクランブラー1200 XC《撮影 河野正士》
  • フロント21インチホイール採用。ブレンボ製4ポットキャリパーをダブルで装着する《撮影 河野正士》
  • 270度クランクを採用する排気量緒1200ccの水冷SOHC並列二気筒8バルブエンジン《撮影 河野正士》
  • 車体右側に取り回した2本のエキゾーストパイプは、可能な限り車体に近づけられている《撮影 河野正士》
  • スクランブラーらしく、車体右側には2本出しアップマフラーを採用《撮影 河野正士》
  • オーリンズ社と共同開発したストローク長200mmのツインショック。スイングアーム長は547mm《撮影 河野正士》
  • スクランブラーらしいショートタイプのアルミフェンダーを採用。ウインカーおよびナンバープレートフォルダーは樹脂製《撮影 河野正士》
  • シート下の収納スペース。USB電源ソケットのほか、デバイス類を収納できる衝撃吸収フォーム付きボックスが用意されている《撮影 河野正士》
  • ステンレス製のタンクホルダーもデザインされている《撮影 河野正士》
  • トライアンフでは第二世代となるTFTフルカラーディスプレイを採用。合計12パターンの表示が可能《撮影 河野正士》
  • 5インチのLEDヘッドライトを採用5インチのLEDヘッドライトを採用《撮影 河野正士》
  • 上級バージョンのスクランブラー1200 XE《撮影 河野正士》
  • 「TRIUMPH」の英語スペルではない、三角形のトライアンフロゴを新たに採用《撮影 河野正士》
  • オーリンズ社と共同開発したツインショックは、XCよりもストローク長を50mm伸ばした250mmストロークモデル。スイングアーム長も34mm延長し579mm《撮影 河野正士》
  • アルミ製のブッシュガード(レバーガード)を装備《撮影 河野正士》
  • オフロードブーツの使用を考慮し、ワンタッチでペダル位置が変更できる《撮影 河野正士》
  • ビンテージ・トライアンフが採用していたような、丸みを帯びた燃料タンクデザインを採用。継ぎ目が目立たない、独自の製法で制作している《撮影 河野正士》
  • フロントには21インチホイールを採用。より高いオフロード走破性を目指し、オフロードタイヤのピレリ製スコーピオンラリーをメーカー承認タイヤとした《撮影 河野正士》
  • デザイナー推奨のインスピレーションキット「EXTREME(エクストリーム)」《撮影 河野正士》
  • デザイナー推奨のインスピレーションキット「EXTREME(エクストリーム)」《撮影 河野正士》
  • デザイナー推奨のインスピレーションキット「EXTREME(エクストリーム)」《撮影 河野正士》
  • デザイナー推奨のインスピレーションキット「ESCAPE(エスケイプ)」《撮影 河野正士》
  • デザイナー推奨のインスピレーションキット「ESCAPE(エスケイプ)」《撮影 河野正士》
  • デザイナー推奨のインスピレーションキット「ESCAPE(エスケイプ)」《撮影 河野正士》
  • デザイナー推奨のインスピレーションキット「ESCAPE(エスケイプ)」《撮影 河野正士》
  • 二輪と四輪でダカールラリーに挑戦し、四輪では数多くのクラス優勝を果たしている三橋淳氏(中央)のトークショー。三橋氏は、スクランブラー1200の国際試乗会に参加。そこでの印象を語った《撮影 河野正士》
  • 二輪と四輪でダカールラリーに挑戦し、四輪では数多くのクラス優勝を果たしている三橋淳氏(中央)のトークショー。三橋氏は、スクランブラー1200の国際試乗会に参加。そこでの印象を語った《撮影 河野正士》
  • 二輪と四輪でダカールラリーに挑戦し、四輪では数多くのクラス優勝を果たしている三橋淳氏(中央)のトークショー。三橋氏は、スクランブラー1200の国際試乗会に参加。そこでの印象を語った《撮影 河野正士》
  • 一般社団法人日本フードアナリスト協会が開催した、グランピング料理の試食会の様子《撮影 河野正士》
  • 一般社団法人日本フードアナリスト協会が開催した、グランピング料理の試食会の様子《撮影 河野正士》
  • 一般社団法人日本フードアナリスト協会が開催した、グランピング料理の試食会の様子《撮影 河野正士》
  • 一般社団法人日本フードアナリスト協会が開催した、グランピング料理の試食会の様子《撮影 河野正士》
  • 一般社団法人日本フードアナリスト協会が開催した、グランピング料理の試食会の様子《撮影 河野正士》
  • 会場を飾った、アウトドアブランド/OLD MOUNTAINによるグランピングアイテムを使った演出《撮影 河野正士》
  • 会場を飾った、アウトドアブランド/OLD MOUNTAINによるグランピングアイテムを使った演出《撮影 河野正士》
  • 会場を飾った、アウトドアブランド/OLD MOUNTAINによるグランピングアイテムを使った演出《撮影 河野正士》

◆オフロードでの走破性を“圧倒的に”高めた ◆“ネオクラシック”と“アドベンチャー”の中間に位置する新カテゴリー ◆80を越える純正オプションパーツをラインナップ ◆スクランブラーの世界観に合わせグランピングスタイルで

レスポンス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ