三井のリパーク、全国47都道府県すべてに時間貸駐車場を展開 事業開始から15年

業界 レスポンス

三井不動産リアルティは3月14日、同社が運営する時間貸駐車場「三井のリパーク」を全国47都道府県すべてに開設したと発表した。

三井のリパークは1994年に、遊休地・低利用地の有効活用と、都市部の慢性的な駐車場不足の解消を目指して事業を開始し、現在では全国で1万5000か所を超える駐車場を運営。2009年にカーシェアリング車両の配備を開始、2013年にクレジット決済を本格導入、2016年からは開設した駐車場に防犯カメラを標準設置するなど、駐車場サービスの品質向上を図ってきた。

また、地域住民向けには、災害時に使える簡易トイレや炊き出しに使えるかまどなどの設備を導入した「災害支援型駐車場」や、ハイブリットソーラーシステムや大気中のCO2や汚染物質を吸収するコケ緑化パネルなどの設備を導入した「環境配慮型駐車場」などのモデル駐車場を全国22か所に展開している。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ