火災のダイハツ大分工場、16日まで稼働を休止

業界 レスポンス

ダイハツ工業とダイハツ九州は15日、大分(中津)工場の火災について第2報を発表した。

設備被害は、焼失面積約650平方メートルと発表された。14〜15日の稼働を休止、16日に予定していた休日出勤も中止する。

火災は14日9時40分頃(自動火災報知機が作動した時刻)発生、14時26分に鎮火を確認。1名が負傷し、15日も入院中だ。

発生場所は第1塗装工場。火災原因は、15日の発表によると、塗装冶具(仮付ドアを一時的に固定する金具)に付着した塗料を洗浄する工程で、洗浄液槽の洗浄用液体を高温にする必要があり、そのための温度調節ヒーターから出火した可能性が高いとされる。

生産への影響については、大分(中津)工場は第1工場、第2工場とも、3月14日1直/2直、15日1直/2直の稼働を休止した。第1工場で予定していた3月16日の休日出勤も中止する。ダイハツ九州久留米工場は、3月14日2直、15日1直/2直の稼働を休止した。3月16日の休日出勤についても中止する。

両工場とも、18日以降の稼働については、今後の状況をみて判断するという。

  • 高木啓
  • 大分工場で生産されるミライース
  • エンジンを生産する久留米工場
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ